遺言書で不安はスパッと消せる! 書き忘れたくないアレとアレ。

予約制 9:00~18:00(土日は午前のみ)
空き状況の確認とご予約はこちら


遺言書を成功させるコツは、一度で作ろうとせずに徐々に内容を充実させていくことです。 理由は何でもいいと思います。 大事なのは、決して中途半端にしないこと。 ぜひご相談ください。

特定の人に確実に財産を渡すには

STEP1. 生前に非課税の範囲で自分で渡す

 生前贈与は年間110万円までなら非課税ですが、相続開始前の3年分は課税対象になりますので、早目に始めて、毎年コツコツ渡しましょう。 相続時精算課税制度や教育資金贈与の制度を利用することも出来ます。

STEP2. 残りは遺言書の通りに執行者が渡す

 相続対策を無駄にしないためには、遺言書の作成が必須です。 遺言書を作成しておかないと、特別受益が持ち戻されてしまいますので、生前贈与が無意味になってしまうばかりか、 贈与の手続きが曖昧だった場合は、不当利得返還請求を受けることもあります。
 多くの場合、費用のかからない自筆証書遺言で十分ですが、認知症等で、本人が作成したことを疑われる可能性がある場合は、 公正証書遺言(公証役場での手数料が必要)にすることをオススメします。 遺言書は、形式的に有効であればよいというものではなく、目的が達成でき、想定されるトラブルに対処できなければなりません。 遺言原稿(原案)の作成は、実績とノウハウが豊富な弊所にご依頼ください。

《 こんな遺言書だけは作ってはいけない 》
  1. 遺産分割のことしか書かれていない
     無策な遺言書では揉め事に対処できず、一度揉めると裁判で決着するまでの数年間執行できなくなってしまう。
  2. 名義変更手続きで問題が生じる
     関連する法律や判例に反していたり、法務局や金融機関の審査基準を満たしていなかったりすると、名義変更手続きができない。
  3. 遺言執行者が指定されていない
     単独で手続きできる権限を持った人がおらず、音信不通の相続人や遺言に不満を持つ相続人がいると手続きが停止してしまう。
  4. 遺言執行者が役目を果たせない
     法知識や経験の不足によって執行者が任務を遂行できず、結局調停になり遺言書は無意味になる。
  5. 財産の勝手な使い込みに無防備
     介護が必要な状態になったときに預貯金が勝手に引き出されて財産の大部分が使い込まれても対処できない。

遺言書支援サービスはこちら(1万円~)

メールでのご相談はこちらから(匿名可)


遺言書はこうやって実現させる

 「自作の遺言書は実現しない」と言われるのは、執行時に起こるトラブルへの対策ができていないことが多いからです。 形式上は法律の基準をクリアしていたとしても、実際に実行できない遺言書では意味がありません。 弊所では、数多くの実績と豊富なノウハウで、「実現する遺言書」をお作りいただくための支援をしています。

鉄則 1. 遺言書を実現させる鉄板鉄則 

鉄則 2. 費用をかけなくても効力は同じ

鉄則 3. 面倒な相続人に注意     

鉄則 4. 遺留分には誰でも敏感    

鉄則 5. 条件付き遺贈の履行監督   

鉄則 6. 事前に決着できるものもある 

鉄則 7. 預貯金で揉めれば遺言は総崩れ


執行時に揉めさせないための対策

対策 1. 記載もれで揉めさせない   

対策 2. 逆縁財産で揉めさせない   

対策 3. 生前の資金援助で揉めさせない

対策 4. 廃除して口出しさせない   

対策 5. 一定期間、遺産分割を禁止する

対策 6. 付言事項で揉めさせない   



遺言書で無理なことは家族信託で

 最近では、遺言による家族信託や民事信託契約を活用することで、従来型の遺言書では難しかったことも実現できるようになっています。

認知症対策における家族信託の活用例(生前に遺言を実現させる)
  1. 認知症になっても、経済的・精神的負担の大きい成年後見制度を使わずに財産管理を行い、そのままスムーズに相続させたい。
  2. 認知症になっても、資産の有効活用・処分・組換え等の相続税対策を行い、相続時の負担を最小にしたい。
  3. 元気なうちに、相続人全員で将来の遺産分割内容を円満に確定しておきたい。

何段階にも資産の承継者を指定する家族信託の活用例
  1. 将来長男の嫁の親族に財産が流出することを避けたい。
  2. 認知症の妻に財産を残したいが、その遺産の管理と妻なき後の承継者も指定したい。
  3. 自分が死んだら後妻に遺産を残したいが、後妻亡きあとは前妻の子に財産を渡したい。
  4. 親亡き後に残される障害を持つ子の財産管理とその先の資産承継をしてしておきたい。

不動産にまつわる家族信託の活用例
  1. 相続により不動産が共有になるのを避けつつも、複数の子に平等に遺産や収益を渡したい。
  2. すでに共有となっている不動産が、将来的に有効活用や処分ができなくなるリスクを回避したい。
  3. 遺産を渡したくない相続人から遺留分侵害額請求を受けて不動産持ち分を取られるのを回避したい。

財産の流れをコントロールする家族信託の活用例
  1. 1円も渡したくない相続人がいる。遺留分も絶対に渡したくない。
  2. 長男の嫁の親族に財産が流れることを回避したい。


原稿と執行は行政書士にお任せ

 行政書士は頼れる街の法律家。権利・義務を証明する文書を作成する国家資格者です。 平成28年12月19日の最高裁の決定と令和元年7月1日施行の民法改正の両方に対応した、法的不備のない安心の遺言書は行政書士にお任せください。 思いを実現させるために必要となる法的対策もケースバイケースでご案内いたします。

《 出来上がった原稿を遺言書にする方法 》
 
自筆証書の作成方法 公正証書の作成方法

原稿から完成までのフルサポートはこちら



【 何もしないとどうなるの? 】

相続対策 WEB相談

どうなるか見てみる

【 見て納得 厳選遺言文例集 】

遺言条項文例

厳選遺言文例を見る


遺言支援サービス利用者の声

~ ネットに投稿いただいた生の声です ~

信頼性の格が違いました

    

主人が亡くなったときに揉めたので遺言書を書くことにしました。他の専門家の先生にも何人かお会いしましたが、坂本先生は格が違いました。パートナー事務所の先生方もすばらしいですね。また相談させていただきたいと思っています。

30万円の弁護士よりシモン

    

遺言に不慣れな弁護士事務所で作った遺言書に納得がいかず作り直すことにしました。高いお金を払ってしまって困っていたところ、低料金で支援されている坂本先生を見つけてお願いしたのですが、出来上がった原案を見て、これほど違うものかと驚きました。感謝しかありません。

あっという間に出来上がる

    

どこでも同じだろうと近い事務所にしたら3ヶ月経っても出来なくて、たまらずインターネットで探しまくって坂本先生にお願いしたらあっという間に終わらせてくれました。本当に頼りになる事務所です。

こじんまりしてて丁度いい

    

最初は弁護士さんの事務所に行ったんですけど、何人もの先生に囲まれて冷や汗をかいてしまいましたが、いい意味で家庭的な雰囲気で緊張することもなく、わたしには丁度いい事務所で安心でした。

家族が再びひとつになれた

    

ずっと反発していた弟がいて、相続がどうなるのかと心配でしたが、坂本先生のおかげで家族がまたひとつになれたような気がします。ありがとうございました。

説明が丁寧でとても安心

    

お人柄で選ばせていただきました。説明が丁寧でとても安心でした。2週間ほどですべての相続手続きが終わり、私の遺言書まで作っていただき、本当にありがとうございました。

敷居が高くなくて話しやすい

    

遺言書のWEBサポートという広告が目にとまりまして、専門家さんの事務所は敷居が高いと思っていたのですが、長男の嫁と次男の嫁の仲が悪く相続が不安でしたので遺言書を書いておこうと思いまして先生に原案を作っていただきました。揉めさせないための対策や生前対策についても詳しく教えていただき、とても助かりました。

杓子定規じゃない柔軟な対応

    

離婚調停中だったこともあり弁護士も司法書士も時間と費用がかかる公正証書遺言を勧めてきたのですが、坂本先生だけは「遺言書は作っておくことが大事」とすぐに出来る方法で対応してくれました。お陰様でまったく話を聞いてくれなかった妻にも誠意が伝わり、何とか丸く収めることができました。先生には以前もお世話になっておりますが、杓子定規に法律上の勝ち負けだけの話をしない姿勢でとても頼りになります。

フットワーク軽すぎです

    

母が入院したときに私と兄が揉めることを心配して遺言書を作ってくれる先生を探すように言われネットで坂本先生にお願いしました。急なお願いであったにもかかわらず夕方に病室まで来てくれて1時間ほどのヒアリングで翌日に遺言書を持ってきてくれたのには驚きました。幸い母は回復して今は元気にしておりますが、その後もいろいろ相談に乗ってくれてとても頼りがいのある先生です。



関東バスタイアップ
関東バスタイアップ
2018/6~2019/6