不安は遺言書でスパッと消せる

遺言書の作成費用はいくらかかる?

銀行の遺言信託は後払込で130万円
一般的な公正証書遺言は30万円

弊所の遺言書作成サポートなら
一式 29,800円(税別)


 何処で遺言書を作るかによって費用は大きく異なりますが、何処でどの形式で作っても法的効力に違いはありません。 きちんとした文面さえ用意できれば、自筆で作って人件費と管理費をなくすことで驚くほど安く作ることも出来ますし、 高額な費用をかけて作ることに意味があるケースもあるかと思います。 何はともあれ、遺言書を作ることで相続に関する多くの不安をスパッと消すことが出来ます。 終活ブームに乗せられて、ついつい作ってしまった中途半端な公正証書を最低限の費用で見直したい方も是非ご相談ください。


揉めさせないための遺言書とは

 ご存知ですか、相続の5件に1件が裁判所のお世話になっていることを。 その多くは相続税がかからない程の少額の相続で、相続で揉めて絶縁になってしまっているのです。 遺言書を作っておいてあげれば揉めずに済んだはずなのに…。 資産が少ない人ほど相続に関する法律に関心を持つ機会も少なく、相続の準備が不十分であることが背景にあるのでしょうね。 ポイントをしっかり押さえて、笑顔相続で終われるようしっかり準備しましょう。

  1. 「相続させる」と「遺贈する」をきちんと使い分ける。(相続人だから「相続させる」、相続人以外だから「遺贈する」ということではない⇒執行をスムーズにして揉めさせない)
  2. 生前贈与や特別受益について上手に記載する。(生前の資金援助はまずバレる⇒対応しておく)
  3. 介護の代償やその他の寄与分があれば金額まで指定する。(親の介護は当然の義務⇒話し合わせてはいけない)
  4. 遺留分減殺請求がされたときの対応を明記する。(支払い順を指定⇒家族を繋ぐ大事なものは売却させない)
  5. 遺産を受け取る人が自分より先に死亡した場合の対応も記載しておく。(認知症や重病になったら書き直せなくなる⇒遺言内容は代襲されないことにも注意)
  6. 遺言執行者を指定して、単独で執行できることを明記する。(揉める暇を与えない⇒相続税の特例で大幅減税も⇒その分を不利な相続人に)
  7. 遺言書を書いた理由や感謝の思いを付言事項として必ず書く。ただし絶対に遺族の心情を逆なでしてはいけない。
  8. 最後に、日付と氏名に加えて、住所と生年月日も記載して実印を押す。




自筆証書遺言フルサポート

一日3名様で締切りとなります
一式 29,800円(税別)

「笑顔相続ノート」をプレゼント


 遺言書の法的効力は自筆証書も公正証書とまったく同じです。 自筆証書にすることで、財産目録の作成も、すべての財産の証明書類を添付する必要もなくなります。 遺言書以外で相続人に伝えるべきことは「笑顔相続ノート」(全員にプレゼント)があれば十分です。 実際、他人に財産を知られたくないという理由で自筆証書にしようとお考えの方は少なくないのではないでしょうか。 とは言っても、執行時に法的にどう扱われるのか、どこまで許容されるのかが分からず、不安ですよね。 多くの方は「抱えている問題を法的に解決できる骨組み」だけサポートを受けられれば目的が達成できるはずです。 ご希望があれば、財産部分をご自分で記載できるよう穴埋め形式にしてお渡しすることも可能です。 公正証書遺言ですと作成までに数週間を要しますが、自筆証書遺言の草案なら最短一日でご用意することができます。 ご来所が難しい方にはメールでのサポートも行っておりますので是非ご相談ください。

ご予約の空き状況


 【予約優先、一日3名様まで】ご来所の直前にであればご予約は不要です。 メールサポートや出張サポートも増えておりますので、なるべくご予約ください。

空き 一部予約可 予約不可
本日25水26木27金28土29日30月
午前
午後

メールで予約 地図・アクセスはこちら

お電話でのご予約はこちら

(来客中や移動中は電話に出られません)

お電話の受付:平日9:00-18:00
メール予約は365日24時間受付です


自筆証書遺言フルサポートの手順


 弊所では確立した手順で効率よくヒアリングを行い、原則翌営業日に遺言草案をお渡ししています。

  1. ご依頼
  2. ヒアリング
  3. 執行契約(ご希望があれば)
  4. 遺言書草案を作成してお渡し
  5. ご自宅で清書
  6. 封印サポート(ご希望があれば)
  7. 保管(ご希望があれば)

※ 全文を自筆したくない場合は、弊所で作成した遺言書に署名捺印だけしていただき、証人2名とともに封印したものを公証役場に持参して手続きを行うことで「秘密証書遺言」にすることも可能です。 その場合、代書手数料1万円と公証役場の手数料1万1000円が別途必要になります。

公正証書遺言作成サポートはこちら



※ 「今すぐ依頼」ボタンをポチっとするとメールが起動しますので、お名前とご希望の日時をご記入のうえ送信してください。メール確認後すぐに返信いたします。



要チェック 相続対策30例

やり忘れてることありませんか

相続診断

相続対策30例を見る

見て納得 遺言条項30例

豊富な文例でイメージくっきり

遺言条項文例

遺言条項30例を見る



押さえておきたい遺言書Q&A

そもそも遺言書とは何ですか?

揉める相続って実際どのくらいあるの?

遺言すれば揉めなくなるの?

遺言書の全体像が見たい

日本財団による実態調査

40年ぶりの民法大改正で相続はどう変わる?

遺言書の作成は誰に相談すべきか





皆様の声をご紹介します

長女夫婦と同居して孫と暮らせることになりました。「見返りを求めてもいいんですよ」と後押ししていただいたおかげです。 将来を法的に約束した威力は絶大でした。ありがとうございます。
人生の不安から解放された気がします。遺言書を作ってみて家族への気持ちも再認識出来ました。
介護や生前贈与などを考えると均等に分けるとかえって不公平になると思い遺言書を作成しておくことにしました。 手順がしっかりしていて思いのほか簡単にできました。もっと早く相談すればよかったです。
「入院中でも大丈夫」という広告を見て思い切って連絡してみたら、本当に病院までヒアリングに来てくれてとても感謝しています。 先生にお願いしなかったら家族と話し合う機会も持てなかったと思います。ありがとうございました。
音信不通の次男がいるので相続が心配で遺言書を用意しておきたかったのですが、 メールだけでもサポートしてもらえるということで早速連絡してみたら、あっという間に遺言書ができてしまいました。 追加したいことが出てきたらまたお願いしたいと思っています。




有資格者による「たしかな草案」

 弊所は、年間数百件のご相談を受け、法律系国家資格者である行政書士が、 法律や判例に照らして矛盾がなく、思いを正確に表現した「たしかな草案」を作成します。


法改正で自筆証書の問題は解消

 遺言書を作る人は年々増えており、多くの人が手軽な自筆証書遺言で作成しています。 もうすぐ行われる40年ぶりの法改正で、自筆証書は法務局に預けることができようになり、裁判所での検認も不要になります。 改ざんや隠匿、偽造のリスクもなくなり、相続開始後ただちに手続きを行えるようになりますので、 自筆証書遺言にする人は益々増えることになるでしょう。


最後の関門 遺言執行を乗切る

 いざ本番! 公正証書であれ自筆証書であれ、相続で揉めさせないためには短期間で手続きが終わるように段取りしておくことが大事です。 相続手続きで手こずっている間に不満を再燃させてはいけません。 遺言の執行では、慣れない相続手続きや、不利な相続人との折衝などで神経を擦り減らして滞ってしまうことがよくあります。 遺言書を作るときに遺言執行者を記載しておくことで、遺言執行者は事前にしっかり準備できます。 相続税の申告期限まではたったの10か月しかありません。手続きが滞ると特例の適用が受けられずに相続税が高額になってしまうこともあります。 遺言執行者は、ご家族の代表者と専門家の2名を指定しておくのが一般的です。 弊所の場合は、相続開始時に弊所が共同執行する必要がなければ報酬のお支払いは不要ですので、手続きが滞らせないための保険としてお考えいただいてもよろしいかと思います。 遺言者が遺言執行者を指定する場合は遺言書に記載しておく必要がありますので、遺言作成サポートのときにお申込みください。