不安は遺言書でスパっと消せる 診断で書くこと明快、文例豊富

遺言対策の見落としをチェック

診断ツール無料提供中
遺言対策のポイントを確認できます

遺言対策診断サンプル

ザックリわかるあなたの遺言対策

実例を見てイメージくっきり

法定相続より優先される遺言書
豊富な無料文例で具体的にイメージ

遺言条項文例画面

遺言条項の文例を見てみる



最小限の費用で遺言書を作る

 専門家に相談に行くと、公正証書や信託をすすめられることが多いと思います。 公正証書にすると概ね30万円、遺言信託だと初期費用だけでも100万円以上の費用がかかってしまいます。 遺言は費用をかけても法的な効力が増すわけはなく、紙とペンさえあれば作れる手書きの遺言書(自筆証書)でも効力は同じです。 実際のところ、費用をかけずに手書きの遺言書で済ませたいと思っておられる方がほとんどではないでしょうか。
 まもなく40年ぶりに法律が改正されて、自筆証書を法務局に預けることができようになります。 法務局で保管することで、隠匿や改竄の心配も、偽造を疑われることもなくなり、裁判所での検認までもが不要になります。 もはや高額な手数料を払って公正証書にする理由はなくなると言ってもいいでしょう。 今でも75%が自筆証書ですが、今後は自筆証書にする人がますます多くなっていくことと思います。
 ただ、公証人が作成する公正証書と違い、自前で作成する遺言書は内容の不備が心配です。 不備がある遺言書は混乱を招きます。 最初に作るときは必ず専門家のサポートを受けて、不備のない遺言書にするようにしてください。 相続の不安は遺言書でスパっと消してしまいましょう。


執行されない遺言書は意外に多い

 遺言書は絶対的な存在ではありません。 自分が死んで、仏壇に隠しておいた遺言書を見つけてもらえたとしても、葬儀や何やらで忙しい中、裁判所まで持って行ってもらえると思いますか? 実際、遺言書を無視して行われる遺産分割協議は少なくありません。自前の遺言書の多くが見なかったことにされているのはとても残念なことです。 裁判所で検認を受けるところまでいけたとしても、遺言書というものは必ず執行されるものではなく、相続人と受贈者全員の合意があれば遺言と異なる内容の遺産分割ができてしまうのです。 これは公正証書であっても同様です。 法定相続の割合で分割させたくない理由があるから遺言書を作ったはずなのに、それが執行されなかったら死んでも死に切れませんよね。 遺言書を作るなら、確実に実現させるための対策が必須です。その対策とは…

詳しくは こちら



そもそも遺言って何?

遺言書のない遺言対策・相続対策じゃ意味がない

揉める相続って実際どのくらいあるの?

遺言すれば揉めなくなるの?

遺言書の全体像が見たい

公正証書と自筆証書の違いは?

日本財団による実態調査

40年ぶりの民法大改正で相続はどう変わる?

遺言書の作成は誰に相談すべきか




まずは気軽に無料相談

メールでの無料相談(匿名可)


ygyell@information-strategy.jp


 親の相続や自分の相続、遺言の書き方等でお困りのことがありましたら、お気軽にメールでご相談ください。匿名でも大丈夫です。365日24時間受付けております。原則翌営業日には回答できるようにしています。


面談での無料相談


 面談で相談したい方は、下の予約状況をご確認いただきご予約をお願いします。


空き 一部予約可 予約不可
本日21水22木23金24土25日26月
午前
午後

メールで面談を予約 地図・アクセスはこちら


お電話でのご予約はこちら

(来客中や移動中は電話に出られません)

受付時間:平日9:00-18:00





自筆証書遺言作成サポート

 遺言書は法定相続より優先される強力な文書ですが、一定のルールに則っていないと有効にはなりません。 部分的に無効とされたり、内容に漏れがあったりすると、本人の意思と異なる分割になってしまうばかりか、無用な混乱を招いてしまいます。 遺言書は、開封された後で不備が見つかっても、もう修正することはできません。 作成するときに、法律や判例に照らして矛盾がなく、意思を正確に反映し、実現が裏付けられたものにしておくことが絶対条件になります。

初回は「無料相談」をご予約ください


「笑顔相続ノート」をプレゼント

このノートがあれば遺言書で対応できないところも一通りカバーできます


メール、郵送、出張のサポートも可能です


 営業時間内にご来所できない方には、メールや郵送でのサポートをご用意しています。笑顔相続ノートは郵送いたします。 ご希望の方は、上にある「メールでの無料相談」かお電話でご相談ください。 初回のヒアリングを出張して行うことも可能ですので、外出が難しい方はお気軽にご相談ください。

料金のご案内


遺言執行契約料込み
他の事務所と比べてみてください


 他の事務所だと、戸籍の収集、相続関係図や財産目録の作成など、自筆証書遺言の法定要件にないものがサービス内容に含まれるため高額になっていると思います。 弊所では、笑顔相続ノートでカバーできるものを省くことにより低料金でサポートサービスを提供しています。 専門家のサポートなしに自前で作った遺言書は、事前準備が足りないことで、正確性に欠けたり、矛盾があったり、法律用語の使い方を間違えたりして、無効になってしまうケースが多々あります。 遺言書を初めて作る方、新たに条項を追加するのが不安な方は、サポートを受けて作成するようにしてください。 弊所は執行契約までがセットになっているので安心です。

サポートの流れ


① 家族構成と遺言理由をお聞かせください
② 遺言原案を作成します(メール・郵送可)
③ ご自宅で清書してください
④ 最終確認をして封印までサポートします(来所のみ)
⑤ 検認手続きを支援し確実に執行します

遺言作成マニュアルはこちら







行政書士は頼れる街の法律家



シモン行政書士事務所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-11
ライオンズステーションプラザ吉祥寺1004
(パルコ前(線路側)1Fが写真館のビル)
地図・アクセスはこちら

行政書士 相続診断士 坂本士文
日本行政書士会連合会 第15080627号
東京都行政書士会 第10496号
相続診断協会 第20322696号


 1日3件くらいを目安に新規の相談を受け付けています。 弊所は、押し売りや押しつけは一切いたしません。 相続に関する心配事をお持ちの方や遺言書の作成でお困りの方が、問題を解決できるようシンプルにサポートしています。